ヤマト物流は、実験機器類に使用されている石綿・RCF等の有害物質除去やフロン回収作業を承っております。

事業案内

50年の実績とノウハウ

実験機器の搬入・据付・解体・付帯工事から、機器の移設や廃棄物の処理に至るまで、
幅広い実績とノウハウでお客様の多様なニーズにお応えします。

物流厚木営業所

物流物流

業務内容

  • ・物流部では、理化学機器メーカーの倉庫管理、荷受け、品揃え、梱包、検品、出荷積み込み作業を行っております。
  • ・ユーザー様の希望に合わせ各車種・時間指定等、全国チャーター便手配を行っております。
  • ・自社での製品運搬、搬入(クリーンルーム)、組み立て、移設、搬出運搬を現場作業の軸として行っております。
  • ・ラフター・吊りBOX等を使用した重量機器の搬入・搬出・移設作業も行っております。

現場作業員資格・修了証

  • 職長・安全衛生責任者教育
    11名
    あと施工アンカー2種
    5名
    フォークリフト
    10名
    フルハーネス型墜落制止用器具特別講習
    7名
    小型移動式クレーン
    8名
    玉掛
    10名
    床上操作式クレーン
    5名
    その他
     
  • 現場作業社員
    13名
    現場出向協力会社
    4名
    事務・倉庫社員
    8名
    倉庫人員
    7名
    合計人員数
    32名
安全対策を徹底し、さまざまなニーズに対応

安全対策を徹底し、さまざまな
ニーズに対応

引き取り・運搬から据え付けまで、一貫して対応できる体制を整えています。精密機器・医療機器・分析装置から工作機械・什器などの重量物まで、幅広く引き取り・梱包・輸送・搬入据え付け工事の実績を有し、お客さまの作業コストダウンに貢献しています。

安全運転・交通事故防止に向けて

安全運転・交通事故防止に向けて

当社は、運輸安全マネジメントにも積極的に取り組み、安全向上機材の導入、車両点検、安全衛生に関する講習会なども従業員一体となって取り組んでいます。また全車両にドライブレコーダーを搭載し、定期的な会議によって危険運転の防止を徹底しています。こうした取り組みにより、平成25年度には「事業用自動車事故防止コンクール」において、安全運転および交通事故防止に尽力した無事故優秀事業者としてトラック・バス・タクシーの各協会より顕彰を受けました。今後もお客さまに安心してご利用いただけるよう安全運転に徹し、交通事故防止に取り組んでいきます。

自社保有車両詳細

  • 自社保有車両詳細

    4tウィング・パワーゲート : 3台
    (ワイド : 2台)(標準 : 1台)特別仮装有り

  • 自社保有車両詳細

    4tユニック : 1台

  • 自社保有車両詳細

    2tバン・パワーゲート : 3台

  • 自社保有車両詳細

    2tロングバン・パワーゲート : 2台

  • 自社保有車両詳細

    ハイエース : 3台

保有機材

保有機材
吊りBOX小、大
各1台
ハンドリフト
10台
ハイアップハンドリフト
2台
巻き上げリフター小、大
各1台
長爪ジャッキ
6台
SUS製長爪ジャッキ
1台
アルミ天板台車
8台
木平台車
70台
クリーンルーム用樹脂台車
12台
UP台車
4台
青ベニ(養生ボード)
約400枚

チェーンブロック / レバーブロック / 吊り帯1式 / 吊りワイヤー1式 / マルチ台車 / SUS板 / 厚コンパネ / コンパネ / モッコー
カラーコーン / トラバー(バリケード) / 脚立 / 立ち馬 / ライトステップ / 防音シート / 防炎シート  その他
インパクトドライバー / 振動ドリル / ディスクグラインダ / ジグソー / スーパーチップソー / セーバーソー  その他

保有部材

アンカー各種 / エアーパッキン / コーキング / タフニール / マスキングテープ / ベンコット / 養生テープ / アルコール
ブルーシート(養生) / クリーンスーツ その他

  • 保有部材
  • 保有部材

    4t製品の搬出、運搬、搬入、据え付け作業

作業事例

  • ・某大学様にて運搬(手配)約200台、搬入、据え付け、加工作業を2カ月間にわたり、作業を行いました。
  • ・某企業様で、1週間に渡り実験台、実験機器、事務什器等の新規運搬、搬入、組み立て、加工をし
    既存の実験台等の移設も行いました。
  • ・某企業様にて、2t以上の製品の移設をラフター、吊りBOX(大)を使用して行いました。
  • ・某企業様にて、4t製品の搬出、積み込み、運搬(トレーラー)、搬入、設置をラフター、吊り治具を
    作成して作業を行いました。
  • ・沖縄、種子島、北海道など遠方出張業務実績有り。

ヤマト物流は、協力会社と共にお客様の業務に合わせご期待にお答え出来るよう努めてまいります。
ヤマト物流は全車両にドライブレコーダー(GPS付)を搭載しており安全運行を実施しております。

設備本社営業所

設備設備

業務内容

  • ・設備課では実験室、実習室などのドラフトチャンバー、実験台等実験什器の搬入・据付・解体を中心に業務展開しております。

現場作業員資格・修了証

  • 職長・安全衛生責任者教育
    5名
    あと施工アンカー2種
    3名
    フォークリフト
    1名
    フルハーネス型墜落制止用器具特別講習
    2名
    小型移動式クレーン
    1名
    玉掛
    1名
    床上操作式クレーン
    1名
  • 現場作業社員
    8名
    事務社員
    3名
    合計人員数
    11名
  • 実験台実験台

    実験台

  • 実験台の据付

    実験台の据付

  • 実験台やドラフトチャンバーの解体作業も承ります。

    実験台やドラフトチャンバーの解体作業も承ります。

  • 設備工事(給排水、電気、特ガス等)の手配、施工指示・管理も行っております。

    設備工事(給排水、電気、特ガス等)の手配、
    施工指示・管理も行っております。

  • 床・壁養生搬入時には床・壁面、エレベーター養生を徹底致します。

    床・壁養生
    搬入時には床・壁面、エレベーター養生を徹底致します。

  • 作業前KY 作業前にはKYを実施し、事故防止に努めております。

    作業前KY
    作業前にはKYを実施し、事故防止に努めております。

保有車両

  • ハイエース : 3台

    ハイエース : 3台

  • 2tゲート車 : 1台

    2tゲート車 : 1台

  • 営業車 : 1台

    営業車 : 1台

保有機材

保有機材

搬入機材

青ベニア(養生ボード) 約500枚 / 木平台車 100台 / UP台車 4台 / ハンドリフト 3台 / マルチ台車 4台 / 爪ジャッキ 3台 / 吊り帯 1式
吊りワイヤー 1式 / クリーンルーム用樹脂台車 8台 / 青ベニ(養生ボード) 約100枚 / カラーコーン / トラバー(バリケード) / 脚立
立ち馬 / ライトステップ / レバーブロック / SUS板 / 厚コンパネ / コンパネ / モッコ― / 防音シート / 防炎シート / その他

加工・測定機材

インパクトドライバー / 振動ドリル / ディスクグラインダ / ジグソー / セーバーソー / レーザー墨出し機 / 風速計等

その他

アンカー各種 / コーキング / マスキングテープ / 養生テープ / ブルーシート(養生) / エアーパッキン / タフニール / ベンコット アルコール等

保有機材保有機材

近年の作業事例

  • ・某大学様にて4tトラック200台分の搬入、据付、加工作業を2カ月間にわたり、作業を行いました。
  • ・某大学様にて、研究室・自習室20部屋分の製品を入れ替えを(解体・搬出入・新規据付)行いました。
  • ・某開発機構にて、屋上スクラバー16台の更新作業(ラフター作業)を行いました。
  • ・某企業様にて、製品更新計画に協力させて頂き、3年連続で更新業務を努めさせて頂きました。
  • ・沖縄,山口,青森など遠方出張業務実績有り。
  • ・クリーンルームにも対応致します。
近年の作業事例

私たちは、お客様に喜ばれる事や、実験室などの完成した姿に仕事のやりがいを感じ、ご期待にお答え出来る様努めてまいります。

環境

環境環境

アスベスト・RCF等除去

アスベスト・RCF等除去

理化学機器・実験設備・分析装置などに使用されているアスベストやRCF等その他の有害物質を製品から除去する作業を行っております。
メーカーを問わずあらゆる機器への対応が可能です。
アスベスト・RCF除去作業は現地出張作業もお引き受けします。
機器に含まれる有害物質の調査は当社でメーカーに確認することも可能です。

  • 除去前

    除去前

  • 除去後

    除去後

  • 除去部位

    除去部位

  • 除去前

    除去前

  • 除去後

    除去後

    • 除去部位
    • 除去部位

    除去部位

    • 除去部位
    • 除去部位

使用機器

書類作成

作業毎の作業計画書 / 作業記録書(40年保管) / 作業報告書

保有車両

  • 保有車両

    ハイエース:1台

  • 保有車両

    営業車:1台

作業場所

  • 作業場所

    千葉県市川市田尻1-11-1 ヤマト物流株式会社 本社営業所  倉庫内

    作業場サイズ
    第1ブース:W4300×D3400×H3400
    第2ブース:W4500×D3400×H2500

    ※作業場の見学は随時受け付けております。

  • 現地作業用特設ブース

    作業場所

フロンガス回収

フロンガス回収

業務用エアコンや冷凍・冷蔵機器を廃棄する際は、令和2年4月1日施行の改正フロン排出抑制法に則り、第一種フロン類充填回収業者にフロン回収を依頼後、機器を処分する必要があります。フロン回収作業後はお客様に行程管理表と回収フロン破壊証明書をお渡しします。機器設置場所での現地フロン回収作業にも対応しております。

フロン回収の流れ

  • 1.フロンガスの特定及び使用量の把握
  • 2.冷媒回収技術者がフロンの回収が出来る状態に機器をセッティング
  • 3.機器とフロン回収機とボンベを接続
  • 4.ボンベをデジタル秤(10グラム単位)に乗せる。
  • 5.圧力ゲージで圧力が上がったことを確認(画像1)
  • 6.フロン回収開始(フロン回収機を起動)(画像2)
  • 7.ゲージ圧がマイナス域になるまで回収(画像3)
  • 8.7の状態になればマニフォールド付属のバルブを閉じ圧力が上がらないことを確認
  • 9.マニフォールドのバルブを開け、フロン回収機のパージを行う。
  • 10.パージ終了後、ボンベのバルブを閉じてフロン回収機を止め秤で回収ガス重量を確認(画像4)
  • 画像1

    画像1

    圧力ゲージで圧力が上がった
    ことを確認(画像1)

  • 画像2

    画像2

    フロン回収開始
    (フロン回収機を起動)

  • 画像3

    画像3

    ゲージ圧がマイナス域になるまで回収

  • 画像4

    画像4

    パージ終了後、ボンベのバルブを閉じてフロン回収機を止め秤で
    回収ガス重量を確認

  • 機器装備

    フロン回収機
    7台
    フロン回収ボンベ
    常時20本以上を保有
    ・20kgを20本
    ・10kgを5本
    マニフォールド
    7セット(エアコン用401マニフォールド有)
  • 第一種フロン類充填回収業者登録地域

    東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県
    群馬県・山梨県・静岡県

環境全般

廃棄物のサポート

廃棄物適正処理のサポートも行っています。

大学・官公庁・研究所等から、新規品の機器納入時に既存の機器と入替る際や、移設等で不要になった様々な産業廃棄物の適正処理のアドバイスやサポートを行うことも可能です。ビル全棟に残った廃棄物の適正処理をサポートした実績もございます。
建物解体前の機器類や備品類の廃棄作業も承ります。
詳しくは本社営業所 環境課にお問い合わせください。

累計作業実績
アスベスト・RCF除去作業件数
約8千件
フロン回収作業件数
約5千件
有害物質除去
可能品目
アスベスト使用機器
RCF使用機器
フロン含有製品
水銀使用製品
タリウム化合物使用製品
ベリリウム使用製品
作業資格者
アスベスト診断士
1名
冷媒回収技術者
6名
石綿作業主任者
5名
特定化学物質等作業主任者
4名
石綿作業従事者(教育終了)
3名
産業廃棄物収集
運搬許可地域
東京都・神奈川県・千葉県・山梨県・静岡県
収集運搬品目 廃プラスチック類(※1)、木くず、ゴムくず、金属くず(※2)、ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず(※1)
(※1)石綿含有産業廃棄物及び水銀使用製品産業廃棄物を含む
(※2)水銀使用製品産業廃棄物を含む
close

エアシャワーユニット

HEPAフィルター付エアシャワー

セキュリティーゾーンの洗身室にエアシャワーユニットを設置しています。作業場からの退出時は保護衣及び作業手袋、靴カバー等の保護具を前室で脱いだ後、呼吸用保護具はつけたまま洗身室でエアシャワーを浴び、付着している粉塵を十分に払い落とした後、更衣室で保護具を外します。

close

除塵装置

HEPA付 除塵装置(完全溶接)

作業場内に設置した除塵装置で作業場内の空気を吸い込み、HEPAフィルターにアスベスト粉塵を吸着させてクリーンなエアーを外部に排気します。排気は除塵装置と換気口を300φのアルミダクトで繋ぎ1箇所から場外にエアーを排出します。また、除塵装置により作業場内を負圧に保ちながら作業場内の空気が外部に漏れることを防止します。
除塵装置はアルミ製で付属品取り付け部分は完全溶接を施してありますので繋ぎ目やネジ穴からの微量な粉塵漏れを完全にシャットアウトします。

close

デジタル粉塵計

デジタル粉塵計

作業開始前、作業中、作業終了後にデジタル粉塵計を用いて廃棄ダクト内の空気を直接測定することで集塵・排気装置からの外部への汚染空気の漏洩が無いことを確認します。
当社では、除塵装置排気出口に設置し、粉塵の計測値のゼロ確認を行います。

close

デジタル微差圧計

デジタル微差圧計

デジタル微差圧計を用いて作業場内の負圧の程度が、室外の圧力に比べ、-2~-5Pa程度の負圧状態であることを確認し、作業場内の汚染空気の外部漏洩を防止します。
当社では作業中は継続して計測しています。

close

真空掃除機

真空掃除機

作業場内の掃除に際し排気に粉塵が出ないHEPAフィルター付掃除機を使用しており、隔離養生内の粉塵暴露防止対策として日々作業場内の清掃と整理整頓を徹底しています。

close

電動ファン付マスク

電動ファン付マスク

面体内を常に陽圧状態に保つことが出来る吸気部分にHEPAフィルターが付いた電動ファン付全面マスクを使用しています。マスク装着のズレで万一隙間が生じてもそこから粉塵が入り込むことがなく、呼吸も楽にできる安全性と快適性を兼ね備えたマスクです。このマスクの利用で作業者の安全をより高く確保できます。

close

保護衣

保護衣

石綿粉塵暴露作業を行う作業者の保護衣は、最高レベルであるJIS T8115「化学防護服」の使用が最善と考え、全ての石綿除去作業に適合したデュポン製タイベックソフトウェア3型を使用しています。

close

隔離養生

隔離養生

床は厚さ0.15mm以上の隔離シート二重養生とし、継ぎ目は30㎝以上重ね合わせて粘着テープで貼り合わせます。壁は厚さ0.08mm以上の隔離シート一重として作業場内を密閉化しています。

close

石綿則に基づく表示

石綿則に基づく表示

除去作業開始前に、隔離された作業場所の外側(セキュリティーゾーン出入口付近)に石綿則にもとづく表示類(①石綿取扱い注意標識 ②石綿作業主任者の選任・職務 ③喫煙・飲食の禁止表示 ④工事関係者以外立入禁止)を掲示します。作業場内は適切な保護具を着用した当該作業を行う労働者以外は立入が禁止されます

close

散水装置

散水装置

作業中に適宜散水装置を使用し、粉塵の発散源となる対象物を湿潤化して作業場内の空気中に噴霧することで粉塵沈降を促進します。